News

2019.10.17

京都から「音楽」×「文化遺産」の交点を発信「時の響2019」舞台公演 配信決定!

岸田繁がプログラムプレゼンターを務めるコンサート「時の響2019」。今回、公演の生動画配信とアーカイブ配信、及び音源を世界配信がする事が決定しました!京都発のクラシックコンテンツが世界で視聴できることは初めてです。

生動画配信されるのは、ウィーンの香りを堪能出来る第一部。栗山千明と広上淳一のナビゲートのもと、岸田のウィーンへの想いを表したオーケストラ曲「心の中のウィーン」ほか、ウィーンゆかりの名曲をお楽しみ頂いた後、岸田自身がウィーンで誕生させたくるりの「ジュビリー」を歌唱します。第二部では、京都で生まれた歴史的エッセイ「徒然草」をきもの姿の栗山千明が朗読。その言葉に、京都で歌い続けられた「京のわらべうた」をモチーフにした岸田繁作曲のオーケストラ演奏を世界初演します!

生動画は、クラシック生放送プラットフォーム「カーテンコール」より、音源は、音楽や映像をグローバルに流通する「The Orchard Japan」より全世界に向けて後日配信予定です。

——————-

「時の響2019」
2019年10月20日(日) 京都コンサートホール 大ホールにて

◼︎舞台公演 第1部( 開演13時)   ※生動画配信
「オーストリア×日本 琳派 ゴールド」 ウィーンの景色
[出演] 指揮:広上淳一/音楽構成・歌唱:岸田繁/ナビゲーター:栗山千明(きもの着用)/管弦楽:京都市交響楽団

《音楽の都「ウィーン」を想う》
・ウィンナーワルツ/J.シュトラウスⅡ:美しく青きドナウ
・ウィーンのマーチ/J.シュトラウスⅠ:ラデッキー行進曲
・ウィーンのオペレッタ/J.シュトラウスⅡ:喜歌劇「こうもり」 序曲
・ウィーン生まれの名曲/モーツァルト:交響曲第41番 第1楽章

《岸田繁 「ウィーン」の景色》
・ウィーンへの想い/岸田繁 作曲 「心の中のウィーン」(オーケストラ曲)
・ウィーンで生まれた名曲/岸田繁 作曲/歌唱 「ジュビリー」

◼︎舞台公演 第2部(開演15:00)
「古都京都の文化財世界遺産登録25周年」京都今昔物語
[出演] 指揮:広上淳一/音楽構成:岸田繁/朗読:栗山千明(きもの着用)/管弦楽:京都市交響楽団

《日本音楽の現在地 酒井健治》
・オーケストラコンチェルト作品  酒井健治:ヴィオラ協奏曲「ヒストリア」
作曲:酒井健治/ ソリスト:小峰航一(京響首席ヴィオラ)/ 指揮:広上淳一/ 管弦楽:京都市交響楽団

《京都音楽遺産×京都文化遺産》
・朗読とオーケストラ 京のわらべうた変奏曲による「徒然草」~京都生まれの日本哲学~
作編曲:岸田繁/ 朗読:栗山千明/ 文章:吉田兼好/ 指揮:広上淳一/ 管弦楽:京都市交響楽団

※演奏曲目、及び世界配信する音源曲目は変更となる場合があります。


「時の響2019」について(岸田繁x広上淳一)
「時の響2019」オフィシャルサイト
生動画配信カーテンコール サイト


2019.10.01

岸田繁《交響曲第一番》ポケットスコア発売決定。

岸田繁作曲、《交響曲第一番》(2016)は、岸田自身の地元である京都の自治体オーケストラとして60年以上の歴史を誇る京都市交響楽団の委嘱作品として作曲され、2016年12月4日にロームシアター京都で、広上淳一指揮、京都市交響楽団の演奏により初演が行われた。

作品は全5楽章。古典から近代のクラシック音楽の影響を聴き取れる響きのなかで、ところどころにブラジル音楽や東欧のロマ音楽、そして雅楽などの要素が感じられる。

演奏用楽譜は昨年8月より既にレンタル開始されているが、加えてポケットスコアが手に取りやすいA5判の大きさで、新刊としてリリースされる。10月5日(土)に行われる京都市交響楽団の「京都新聞創刊140年記念 岸田繁 交響曲第一番・第二番 連続演奏会」の会場で先行発売され、10月7日よりショット・ミュージックオンラインショップ、その他でも販売開始予定。

同作品は、2017年にリリースされたCD『岸田繁 /「交響曲第一番」初演』[VICC-60944]に収録されている。同CDには、表題作のほか、岸田の作曲による《Quruliの主題による狂詩曲》《管弦楽のためのシチリア風舞曲》といったオーケストラのための作品も収録されている。

SJ801 岸田繁
交響曲第一番
オーケストラのためのスコア(ポケット)
Shigeru Kishida: Symphony No. 1 for orchestraA5判/164ページ
SJ 801ISBN: 978-4-89066-801-4
ISMN: M-65001-283-6
JAN: 1923073019009

オンラインショップ


2019.08.07

岸田繁 交響曲第一番・第二番連続演奏会関連イベント 岸田繁×柴田智靖 クラシック講座

岸田繁、自作の交響曲について語る講座を8月30日京都市中京区の京都新聞文化ホールで開催。
独学で習得した作曲技法を基に交響曲をいかに制作したのか、その過程を明らかにする。

10月5日京都コンサートホールで自作の交響曲第1番・第2番が披露。京都市交響楽団チーフマネージャーの柴田智靖氏が聞き手となり、岸田さんの交響曲の制作秘話を引き出していく。8月30日午後7時から約1時間。無料。16歳以上対象で先着200人。

希望者は郵便番号、住所、氏名、電話番号、年齢、参加希望人数(1回につき4人まで)を記入し、(1)往復はがき(往信の裏面に上記必要事項、返信の表面に自分の宛名を記入)(2)Eメールevent-entry@mb.kyoto-np.co.jp(件名は「クラシック講座参加申込」)まで。23日必着。

問い合わせ:京都新聞COM事業部075(255)9761(平日午前10時~午後5時)


2019.08.05

発酵食品をこよなく愛する岸田繁と、マルコメ君によるアーティスト活動「DJ MARUKOME」念願のコラボ!第3弾シングル「酵母ちゃん」!8月5日「発酵の日」よりLINE MUSIC限定で配信!

音楽レーベル「LINE RECORDS」より、マルコメ君によるアーティスト活動「DJ MARUKOME」と岸田繁がコラボした第3弾シングル「酵母ちゃん」を8月5日よりLINE MUSIC限定で配信開始します。この楽曲は、昨年好評だったゆるふわギャングとのコラボ第1弾シングル「Kitchen」、スカートとコラボしtofubeatsがアレンジを担当した第2弾シングル「高田馬場で乗り換えて」に続く第3弾です。林響太朗が手掛けるオリジナルMVも後日公開となります。

「酵母ちゃん」
DJ MARUKOME Track making and composition by Shigeru Kishida
楽曲 URL:https://lin.ee/b0fZiHd/lnms/ot

・岸田繁コメント
酵母の活動は「発酵」そのものです。酵母が糖を分解して、アルコールを生成することを「発酵」と言います。日本を代表する発酵食品「味噌」。味噌樽の中で酵母ちゃんたちがえっちらおっちら働いている様子を、音にして表現してみました。

・MV概要
新曲「酵母ちゃん」からインスピレーションを受けて、監督・林響太朗とクリエーティブディレクターの佐藤雄介、平野奈央らがオリジナルMVを制作しました。
https://youtu.be/Vp9XgsmBajY

オフィシャルサイト
オフィシャルLINEアカウント
LINE RECORDSオフィシャルTwitterアカウント

・DJ MARUKOMEも参加決定!9月22日「京都音楽博覧会2019 in 梅小路公園」LINE MUSICにて特集プレイリストも公開!
マルコメ君と一緒に、キッチンカーで参加します!
また、LINE MUSICでは『京都音楽博覧会2019 in 梅小路公園』を特集。出演アーティストのオススメ楽曲をまとめたプレイリストを公開します。


2019.08.02

NUMBER GIRL再結成記念特番 岸田繁 出演

NUMBER GIRL再結成記念特番に岸田繁が出演します。
岸田繁ほか、宮藤官九郎、山口一郎、川谷絵音がNUMBER GIRLの魅力を語り、キダ モティフォがナレーションを務めるスペシャル番組。

再結成記念特番~OMOIDE OF NUMBER GIRL~
[WOWOWライブ] ほか ※無料放送
▽放送日時8/8(木)21:00~

  • 次のページ